公益財団法人 豊田市文化振興財団  
HOME サイトマップ

HOME > 活動報告トップ > 活動内容紹介
活動報告
「サイエンスカーニバル」
〜中高生が伝える!科学の面白さ!!〜
2017年12月17日
 12月17日(日)、豊田産業文化センター内のとよた科学体験館にて「第4回サイエンスカーニバル」を開催しました。市内の中学校6校、高校4校の科学系の部員155人が参加し、科学に対する日頃の熱心な活動の成果を披露しました。
 サイエンスショーの部では7校が「比重、エネルギーの保存、静電気、圧力、浮力、気圧、慣性、光の3原色、炎色反応」など、科学分野での様々な現象実験を、園児や小学生にわかりやすく説明してくれました。また「片栗粉を溶かしたダイラタンシー、静電気を実感する百人おどし、ハニカム構造、テーブルクロス引き、ホバークラフトの乗車、液体窒素での極低温」といった観客参加体験型の実験もあり、会場が一体となって、科学の不思議を楽しむことができました。
 ワークショップの部でも「スノードーム、ベンハムのこま、チタンアクセサリー、スライム」など、多種多様な作品が出品され、各校のブースは終始賑わい品切れが続出しました。
 ショーの組立てや解説、映像にも工夫がみられ、科学のおもしろさについて楽しみながら考え、体験することができた一日となりました。
液体窒素で凍った花を粉々にする小学生

戻る

footer