公益財団法人 豊田市文化振興財団  
HOME サイトマップ

HOME > 活動報告トップ > 活動内容紹介
活動報告
農村舞台アートプロジェクト2018を開催!
2018年9月16日・2日・10月7日
 農村舞台アートプロジェクトは、市内北東部に点在する84か所の農村舞台群を地域の文化資源として活用し、地域の活性化と全国発信をすることを目的に2010年から始まり、今年9年目を迎えました。ライブ公演では、9月16日(日)小田木町八幡神社(稲武地区)で、地域に伝わる「小田木人形座」の復興と日本を代表する「黒田人形浄瑠璃」が上演され、熱演に観客の視線は釘づけになりました。9月22日(土)怒田沢町諏訪神社(足助地区)では、歌い手の圧倒的な歌唱力で観客を魅了したオペラ「蝶々夫人ファンタジー」を上演しました。10月7日(日)深見町磯崎神社(藤岡南地区)では、アートプロジェクトに初登場となる名古屋フィルハーモニー交響楽団のメンバーによる弦楽四重奏で奏でる名曲に心を打たれました。どの公演もクオリティーの高さが際立ち、農村舞台ならではの素晴らしいものでした。

 紅葉・四季桜の見ごろの11月18日(日)~25日(日)には、全国公募で選ばれた4人の作家と、1人の地元作家によるアート展が市内5か所(足助・旭・小原・猿投台地区)で開催されます。美しい自然の中での選ばれし作家たちのアート作品展に是非お越しください。

怒田沢町諏訪神社のオペラ公演
深見町磯崎神社の弦楽四重奏公演

戻る

footer